エナジーアラートについて

d0010900_19283642.jpg
今日は月曜日、なかなかウィークデイの日常に戻りにくくなってきていて、身体が浮いたような感じだったり、落ち着いていた感情が時々アップダウンを起こし・・・あ~、もう頑張れないかもしれない・・・なんて思っていたとき『光の息吹 エナジーアラート』の最新版が翻訳されていて、ホッとしながら、「うんうん」と頷きながら読みました。

『光の息吹』管理人の朱雀さんですが、お仕事がしばらくお忙しかったらしく、なかなか翻訳ができない状態が続いていたところ、読者のYASUEさんが前回のアラートをコメントに訳して書いてくださっていました。最新版も朱雀さんに代わってYASUEさんが訳してくださっています。
いいお話ですよね^^

最新アラートでは、今年後半に到着する援護エネルギーに備えて「2006年前半は、高領域との統合、あらたな行き先への進路決定、古いものの完全な解放、そしてなにより、こうしたことからの休息の時期です。言ってみれば、これは準備期間です。新しいところに到着したときは、新しい環境に慣れてゆく調整期間が必要です。」
また、3月は、「「試練」にまつわるエネルギーと「怒り」のエネルギーの時期を意味します。「もうたくさん!」が主なテーマになるでしょう。」と伝えています。


最後に
「でもいつも何も起こらないし、これからも起こることはない」と感じるかもしれません。しかし舞台裏と高いレベルでたくさんのことが起こっていて、それが私達が先に進む準備をしていることを忘れないでください。小休止だと思っているときにはかならず、物事は用意されつつあるのです。私達の場所が用意されるまでは、先に進んでも仕方ないでしょう?私達の計画には、昔と同じ古いものに戻るという選択はありません。急いで前に進みすぎれば多くの場合、悲しみをつくりだします。私達が向かっている方向へ統合としながら変わってゆくことだけが、一番確実なのです。私達は私達自身の現実ですから。

とまとめてありましたが、納得でした。




明日2月28日午前9:31から、うお座で新月が起こります。

うお座の新月のお得意分野は
想像力・内なる幸福感・霊的敏感さ・信心深さ・精神性・霊的癒し・慈愛の心・被害者意識の解放 などです。

午前9:31から8時間内に、10個までの願い事を紙に、完了形で、ご自分を主体に書き出してみましょう。

(写真の月は今月22日の月です)
[PR]
by angelglobe | 2006-02-27 20:00 | メッセージ