9月10日ご来光 (生雲 その③)

d0010900_1351414.jpg

9日の夜は枕が変ったせいか、あまり眠れませんでしたが、明け方まどろんでいたら、また何かに起こされた気がして、
窓の外を見ると朝焼けが始まっていました。
d0010900_1348553.jpg

山々(東、写真では向かって右)から海(西、写真では向かって左)へと続く北側の山並みが、静かに朝を迎え入れようとしていました。
d0010900_13491830.jpg

先週はずっと雨が続き、金曜日と土曜日が晴れてくれたので、月の出とご来光を仰ぐ事ができましたが、
太陽が昇りきると、山あいから霧が立ち上ってきました。

今回の生雲へ旅は、本当に思いつきの旅でしたが思い返すと、書ききれないほどの気付きがありました。

思いつきというのは、『いつもと違う場所で月の写真が撮りたい!』ただそれだけで生雲を思い出し、予約を入れたという次第でした。

生雲は、出来てすぐの頃にドライブがてら日帰りで出かけた事があって、二階からの東西両側の素晴らしい見晴らしを思い出したのです。
ただそれだけでした。他の事は、すっかり忘れていたのです。

朝日が昇ったあと、近辺を少し散歩して、朝食。

そのあと、護摩焚きの法要が行われました。
唯一の宿泊客である、私一人だけのために・・・
[PR]
by angelglobe | 2006-09-12 21:11 | 私のふるさと