カテゴリ:野鳥( 26 )

ウッ  (海ウ)

d0010900_20411059.jpg

     野の鳥ブログにアップした写真なのですが、今一人で受けていたのです・・・

     風やら、波やらが強くて、飛ぶのには、さすがのウミウさんたちも勇気がいるようですね^^
[PR]
by angelglobe | 2006-02-15 18:16 | 野鳥

野生の絶滅について

d0010900_10204523.jpg

昨日は鴨池のそばの林の中でどっぷり充電して、気がついたらお昼をすっかり過ぎていました。
鴨池を後にして、海の方角、加佐の岬の方へ。
車で約15分くらいで、いつものカフェに到着しました。外のテラス、陽だまりの席で遅いランチです。
テラスからの白山の眺めは、今までで最高でした。

今日は一日、昨日見た「サカツラガン」の事を考えていました。

鴨池観察舎のトピックスでもサカツラガンが一羽、確認されたと書いてありましたし、写真は遠すぎてはっきりわかりませんが、もしも「サカツラガン」だったなら・・・
インターネットで検索しても、他の県で確認されたのも一羽だったと書かれてありました。
レッドデータブックやまぐちによると、
北東アジア、サハリンで繁殖し、朝鮮半島、中国の揚子江流域で越冬する。推定個体数は3万~5万羽、日本には冬鳥として北海道から南西諸島まで少数が渡来する。県内では油谷町油谷湾、長門市青海湖、下関市木屋川、阿知須町土路石川、防府市西浦干拓で1羽または2羽の観察記録がある。

とあり、絶滅危惧種Ⅱ類に分類されています。

シンとした池で一羽きりで、もくもくと食糧を自分で採取している姿を思うと、人間から餌付けされることを選択しない孤高な姿勢がその数を減少させているのかもしれない。
もちろん、人類が地球上を我が物顔に開発利用している事が根本原因ではあると思いますが、
これが今の地球の姿。

我々人間は驕ってはいないだろうか。

地球は人間が支配しているのではないということ、全ての生命が調和してこそ成り立つ星であるということを思い出していました。
[PR]
by angelglobe | 2006-01-30 20:06 | 野鳥

充 電

今日は、一日いいお天気。
鴨池まで鳥撮りに行って来ました。まずは鴨池のほとりにある観察舎へ。大きな窓際に10機ほどの望遠鏡が設置されていて自由に観察することが出来ます。
この鴨池はラムサール条約に登録された沼池でここに飛来する渡り鳥たちは守られています。
がしかし、沼池には、↓の写真のようにウザウザと様々な水鳥たちが混沌としていて、見ていると息苦しくなってきてしまいました。色々な種類のカモなどがいましたが、望遠鏡を覗いていると船酔いしたような気分になって、早々に外へ。  (写真中央にカワウがいますね)
d0010900_21131348.jpg
地図を見ると、丘を越えるともう一つ池がありました。歩くにはちょうどいい距離で、遊歩道になっています。池の周りを一周して約3キロほど、カメラをぶら下げてテクテク歩きました。
d0010900_11505287.jpg
誰もいなくて快適です。池には数羽だけ泳いでいる鳥がいました。
写真の鳥は↓名前はわかりませんが(サカツラガン?―絶滅危惧Ⅱ類。今年一羽だけ飛来記録があるようなので、もしかしてそうかもしれません) 一羽だけで仲間がいません。ひたすら潜って食糧を自分でとっていました。この池はエサがもらえる池ではありません。でも、彼は一人でひたすら潜っています・・・
野生の生き物にとって、何が正しく、何がいいことなのでしょうか・・・d0010900_21381199.jpg
静かな池のほとりを歩きながら、こみ上げてくる幸福感に「幸せ幸せ幸せ・・・」とつぶやきながら、ふと横の木を見ると「44 エゴノキ」です。「エンジェルが共にいる」サインだ!
で、エゴノキ?d0010900_21382696.jpg
d0010900_21134663.jpg人がたくさんいる所が本当に苦手な私です。

てくてくと一人で歩いていると、無防備なジョウビタキルリビタキのメスかも知れません)のお嬢さんが・・・
目には見えなくても、この小さな林の中にさえたくさんの命が潜んでいる。思うだけでも一人じゃない心強さを感じます。みんなが一緒に歩いてくれているから。

ありがとう。
今日も楽しく充電できました。
[PR]
by angelglobe | 2006-01-29 22:00 | 野鳥

夕暮れに

d0010900_2313380.jpg
夕方、買い物の道すがら、いつもの橋より一本下流の橋の上を通ったので車をとめて、川面をみていると、見たことのない水鳥がいました。
d0010900_231941.jpg

d0010900_20575875.jpg調べたら、おそらく『カワアイサ』という名前の鳥のように思います。
ヒドリガモと一緒にいましたが、しばらくして、更に下流の方へと行ってしまいました。


明日は天気予報によると、晴れ! 少し遠方まで足を伸ばして鳥撮りに行ってみようかなと思っています(ルン♪)
[PR]
by angelglobe | 2006-01-28 21:20 | 野鳥

Spread Your Wings!

“Do not hold back right now. The timing is perfect, and you are ready to soar!” ― Archangel Ariel ―
d0010900_1204968.jpg
d0010900_1212540.jpg

[PR]
by angelglobe | 2006-01-28 12:23 | 野鳥

d0010900_1746595.jpgジョウビタキ (当リンクサイト『今日の野鳥』さんで調べましたらシジュウカラの間違いでした)

シジュウカラさんカラご挨拶
「こんにちは♪」


すっかり野鳥ブログになってしまっていますが、もうしばらくお付き合いくださいね^^


d0010900_17472447.jpg
ジョウビタキ シジュウカラの羽ばタキ

ジョウビタキ シジュウカラはたくさんのショットを撮ったのですが、どれもピントが合わなくて、「ご挨拶」の一枚だけがまずまずでした。

高い木の上に、木の葉がハラハラと散るように数羽が飛んできて、すばやく飛び回ります。木の上の方にレンズをずっと向けていると首がだるくなってしまって、しまいには雪の上に寝転がって撮影^^;


d0010900_17475683.jpgオオバン(かな?)→カワウ














今日は快晴。野鳥のサンクチュアリへ、また行ってきました。
ここは私にとってもサンクチュアリで、たくさんのエネルギーを充電。林の木々からはグリーンのオーラが出ているような気がしましたよ。

ずっと林の中の一本道をひたすら氷りついた池まで歩き、引き返してくるまで、シーンとした中、鳥の声だけが聞こえていましたが姿は見えない。
スタート地点、鳥の観察舎まで戻ってきて、フッと立ち止まったら(^^)、鳥が姿を見せ始めました。

自分が動いているときは見たいものは見えず、静止した時、ようやく見えるんだな。

ここでもオオタカは頭上をずっとついてきてくれていました。
[PR]
by angelglobe | 2006-01-09 18:08 | 野鳥