<   2006年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

野生の絶滅について

d0010900_10204523.jpg

昨日は鴨池のそばの林の中でどっぷり充電して、気がついたらお昼をすっかり過ぎていました。
鴨池を後にして、海の方角、加佐の岬の方へ。
車で約15分くらいで、いつものカフェに到着しました。外のテラス、陽だまりの席で遅いランチです。
テラスからの白山の眺めは、今までで最高でした。

今日は一日、昨日見た「サカツラガン」の事を考えていました。

鴨池観察舎のトピックスでもサカツラガンが一羽、確認されたと書いてありましたし、写真は遠すぎてはっきりわかりませんが、もしも「サカツラガン」だったなら・・・
インターネットで検索しても、他の県で確認されたのも一羽だったと書かれてありました。
レッドデータブックやまぐちによると、
北東アジア、サハリンで繁殖し、朝鮮半島、中国の揚子江流域で越冬する。推定個体数は3万~5万羽、日本には冬鳥として北海道から南西諸島まで少数が渡来する。県内では油谷町油谷湾、長門市青海湖、下関市木屋川、阿知須町土路石川、防府市西浦干拓で1羽または2羽の観察記録がある。

とあり、絶滅危惧種Ⅱ類に分類されています。

シンとした池で一羽きりで、もくもくと食糧を自分で採取している姿を思うと、人間から餌付けされることを選択しない孤高な姿勢がその数を減少させているのかもしれない。
もちろん、人類が地球上を我が物顔に開発利用している事が根本原因ではあると思いますが、
これが今の地球の姿。

我々人間は驕ってはいないだろうか。

地球は人間が支配しているのではないということ、全ての生命が調和してこそ成り立つ星であるということを思い出していました。
[PR]
by angelglobe | 2006-01-30 20:06 | 野鳥

充 電

今日は、一日いいお天気。
鴨池まで鳥撮りに行って来ました。まずは鴨池のほとりにある観察舎へ。大きな窓際に10機ほどの望遠鏡が設置されていて自由に観察することが出来ます。
この鴨池はラムサール条約に登録された沼池でここに飛来する渡り鳥たちは守られています。
がしかし、沼池には、↓の写真のようにウザウザと様々な水鳥たちが混沌としていて、見ていると息苦しくなってきてしまいました。色々な種類のカモなどがいましたが、望遠鏡を覗いていると船酔いしたような気分になって、早々に外へ。  (写真中央にカワウがいますね)
d0010900_21131348.jpg
地図を見ると、丘を越えるともう一つ池がありました。歩くにはちょうどいい距離で、遊歩道になっています。池の周りを一周して約3キロほど、カメラをぶら下げてテクテク歩きました。
d0010900_11505287.jpg
誰もいなくて快適です。池には数羽だけ泳いでいる鳥がいました。
写真の鳥は↓名前はわかりませんが(サカツラガン?―絶滅危惧Ⅱ類。今年一羽だけ飛来記録があるようなので、もしかしてそうかもしれません) 一羽だけで仲間がいません。ひたすら潜って食糧を自分でとっていました。この池はエサがもらえる池ではありません。でも、彼は一人でひたすら潜っています・・・
野生の生き物にとって、何が正しく、何がいいことなのでしょうか・・・d0010900_21381199.jpg
静かな池のほとりを歩きながら、こみ上げてくる幸福感に「幸せ幸せ幸せ・・・」とつぶやきながら、ふと横の木を見ると「44 エゴノキ」です。「エンジェルが共にいる」サインだ!
で、エゴノキ?d0010900_21382696.jpg
d0010900_21134663.jpg人がたくさんいる所が本当に苦手な私です。

てくてくと一人で歩いていると、無防備なジョウビタキルリビタキのメスかも知れません)のお嬢さんが・・・
目には見えなくても、この小さな林の中にさえたくさんの命が潜んでいる。思うだけでも一人じゃない心強さを感じます。みんなが一緒に歩いてくれているから。

ありがとう。
今日も楽しく充電できました。
[PR]
by angelglobe | 2006-01-29 22:00 | 野鳥

夕暮れに

d0010900_2313380.jpg
夕方、買い物の道すがら、いつもの橋より一本下流の橋の上を通ったので車をとめて、川面をみていると、見たことのない水鳥がいました。
d0010900_231941.jpg

d0010900_20575875.jpg調べたら、おそらく『カワアイサ』という名前の鳥のように思います。
ヒドリガモと一緒にいましたが、しばらくして、更に下流の方へと行ってしまいました。


明日は天気予報によると、晴れ! 少し遠方まで足を伸ばして鳥撮りに行ってみようかなと思っています(ルン♪)
[PR]
by angelglobe | 2006-01-28 21:20 | 野鳥

Spread Your Wings!

“Do not hold back right now. The timing is perfect, and you are ready to soar!” ― Archangel Ariel ―
d0010900_1204968.jpg
d0010900_1212540.jpg

[PR]
by angelglobe | 2006-01-28 12:23 | 野鳥

d0010900_19374242.jpg
今日は、Yちゃんのお話を。

Yちゃんは小学校のときに見えないものが見えてしまって、恐くてお布団から出ることが出来なくなったことがあったそうです。

お友達のおかげで学校には戻れましたが、見えないものは今でも、やっぱり見えているようです。
けれど、自分と同じものを見ているクラスメートがいる事に気付き、ずいぶん楽になったこともあったそうです。



<ある日のYちゃんと私の会話>
Yちゃん:「何かがヒュッと入ってきて、足が痛いの」
と言いに来たことがあります。
わたし :「そっかー、Yちゃんは、どっちの方を見たいのかな?入ってきたやつ?それとも痛い足?」
Yちゃん:「・・・・」
わたし :「私はね、痛い足の方を見ることが大事だと思うよ。そうすると、きっと、ヒュッと入ってこなくなると思うから」

もう一つ
Yちゃん:「(お友だちの)Kちゃんに何かがついてるの。言った方がいいかな?」
わたし :「う~ん、、まず、相手の許可や依頼もないのに、それを言うことは間違っていると思うよ。『恐い』って気持ちを与えてしまうでしょ?だから、それを解決してあげることが出来ない間は言わないほうが正しいように思うな」



多感な時を過ごしている彼女の『見えること』を否定することはしたくないけれど、その部分を誇張することは正しくないような気がします。近眼のひとがいるように、見えないものが見える人もいるんだよ、と言いますが。

『見えない世界』は存在するかも知れないけれど、今は『見える世界』を生きている事をまず伝えたいと思っています。
『見える力』はどのように捉えてあげることがいいのか、まだわかりませんが、ふたをしたり、否定することはしたくないなとは思っていますが。。心地いいもの、暖かな存在を見ることを選択することもできるはずですよね。

新月情報
[PR]
by angelglobe | 2006-01-27 20:22

サンボトル

d0010900_19392018.jpg日照時間が少ない季節は、わずかな太陽の光さえ、ありがたく感じます。


写真は
オーラソーマボトル B04:サンボトル(イエロー/ゴールド) 


上層はイエロー、下層はゴールドです。どちらもネガティブな面から見ると『恐れ、恐怖』を表します。
太陽が旅人のマントを脱がしたという物語があるように、太陽には『恐れ、恐怖』に固く閉ざした心を開く力があります。

人体では第三チャクラ・太陽神経叢に働きかけると言われていますが、第三チャクラの色はイエローです。
緊張したり恐かったりすると胃のあたりが固くなりますよね。(なるほど~と一人で合点!)

そして、恐れを手放すことによって、その奥に存在するセントラルサン、ゴールドの場所が輝きだすのです。
そこは全てを知っている場所。自分自身の中に存在する太陽とつながった時、もう恐れることは何もありません。
全てが見通せることに気がつくことでしょう。恐れこそが全ての窓を曇らせていたのです。
[PR]
by angelglobe | 2006-01-26 20:10 | オーラソーマ

言葉のチカラ

d0010900_1928731.jpg
今朝のA新聞の全面広告の文章は、私のハートのツボに、スッポリとはまってしまいました。
A新聞社の記念の「ジャーナリスト宣言」の広告の言葉でしたが。



言葉は
感情的で、
残虐で、
ときに無力だ。

それでも
私たちは信じている、
言葉のチカラを。



ときとして言葉は、人を傷つけ、人を誤らせ、人の命を奪う。
けれども言葉には、世界を変える力がある。
人びとを動かす力がある。


先日の大阪でのクラスは『思考と言葉の力』と自分でまとめていただけに、今日のこの言葉は、更に考えることがたくさんありました。
睦美さんは「発する言葉をモニターしてね」とおっしゃっていましたが、睦美さんの言葉をお借りするなら、「その言葉の差込口の確認」つまり、『恐れ』という差込口ではなく『愛』の差込口から出た言葉であることの確認をじゅうぶんにする必要があるということ。

また、若者達の言葉を、離れて聞いていると、思うことがたくさんあります。
なぜだろう?
みずみずしい彼らの感性は大人や社会をそのまま言葉に変えてくれているように感じます。

私自身も恐れから発した言葉に、そのまんま返してしまったこともたくさんありましたが、
現実社会の中であふれる返るほどの様々な言葉、その恐れから出た言葉をトラップしたら、すこしドリブルして愛の言葉に変えて返すほどのゆとりを持ちたい。
そんな風に思いました。
[PR]
by angelglobe | 2006-01-25 20:00

かけがえのない

d0010900_19592088.jpg


せっかく授かった かけがえのない命を大切に

悲しいときも、必ず救いの手はあるから

あなたの命を慈しむことが出来たなら

全ての命が愛おしい

だから

どうか

あなたの命を大切に
[PR]
by angelglobe | 2006-01-24 20:21 | メッセージ

あったかくしてね

d0010900_2059936.jpg
↑は何の写真に見えますか?

今日の寒さで20日が大寒だったことを思い出しました。
今朝は町中が氷りついているようで、道路がところどころスケートリンクのようになっていて、ブレーキを踏むとツツツーッと滑りながら止まります(^^; 街路樹も凍っていました。
睦美さんの住むオーストラリアは、気温が40度以上とコラムにありましたが、バランスしているのでしょうか。

「寒」を過ぎると、「節分」があって、「立春」、暦の上では春ですね。

春はすぐそこ。 寒さも、もう少しです。

熱いお茶でも飲んで、あったかいお風呂にゆっくり入って、あったまりましょう。

写真は
[PR]
by angelglobe | 2006-01-23 21:31

自然界と共鳴する

d0010900_20104282.jpg
今日、車の運転をしながら、ふと思うことがありました。

昨年の夏にブログで書いたことがあったのですが、
息子達がまだ小さい頃に白山麓の野生の猿の観察舎へ行ったことがありました。

その日は、比較的大きな群れが来ていて、もちろん彼らは餌付けされているわけではありませんが、観察舎のまわりで、のんびりエサを探したり好きに遊んでいました。
観察舎では、私達人間は、猿達に絶対に関わらないというルールがあって、目立たないように、そっと静かに見守っていた時、
一頭が大きな声を上げたかと思うと、クモの子が散るように、たちまち群れは消えていってしまったのです。
まもなく雨がパラパラと降り出したかと思うと、瞬く間に大粒になり、どしゃ降りとなりました。
その時です、山の上の方から、太い大きなものが流れてきました。
鉄砲水です。
一瞬の事でした。
大きな濁流が目の前に押し寄せてきて、普通の山の斜面だった所が、ゴーゴーと音をたてて流れる太い川となって、石や木の枝を押し流して行きます。
呆然としていた私達も、雨の中をあわてて下山したのですが、自然の本当の力を見ました。

猿たちが去って、暫くあって、
そして雨が降り始め、鉄砲水が襲って来るまでは、ほんのわずかな時間でした。

動物達の自然災害への予知能力を、現場でまざまざと見ることができるという経験をすることができたのでした。

私達は、日々同じことを繰り返し、そして、四季は同じように毎年繰り返されています。しかし、それは決して同じではなく、同じ繰り返しの中に大きな進化があるように
自然界も同じ生命サイクルを繰り返しながら、環境に敏感に対応しながら生き続けています。

だから自然界の生き物達にちょっと目を向けてみると、何か大きな重要な変化を知ることが出来るような気がしたのです。

日本列島の中でさえ、野生生物の生態系を人間の開発の手が襲って壊し続けていますが、もっと身近な生き物に目を向けたときに、何かがおかしいと気付くことがあるように今日は感じました。

そうやって、自然界に目を向けたときに自然界は共鳴を始めてくれるように感じたのです。
                                                         (写真は雪の白山です)
[PR]
by angelglobe | 2006-01-22 20:04 | 美しい地球