フィンドホンFEのお世話をしてくださる吉田さんから、放射能に対応したエッセンスのお知らせメールが届きました。

以下転載です。
☆放射能に対応したフィンドホーンフラワーエッセンス <エネルギーシールド>

<エレメンタルエッセンス>アース、ウォーター、ファイアー、エアー、エーテル
<フラワーエッセンス>スコティッシュ・プリムローズ、ウォータークレス、ワイルド
・パンジー、ウィンターグリーン
<ジェムエッセンス>ダイヤモンド、ヘマタイト

ヘマタイトは、マリオンが数年前に作ったエッセンスだそうで、月曜日(3/28)の朝までには販
売開始されます。
また、上記のコンビネーションは、新しいコンビネーション・エッセンス「EnergyShie
ld」として、
同じく月曜日に販売開始されます。

以下がFFEのオンラインショップのリンクです。

http://www.findhornessences.com/design-elegant-style-topmenu-65?page=shop.prod
uct_

ヘマタイトは一般のストーンショップなどで手に入るものでエッセンスとして手に入ら
ない場合は装身具としてあるいは石をそのまま身につければよいそうです。


マリオンからの解説は、しばらくお待ちください。時間があるときに訳してみますね。
[PR]
by angelglobe | 2011-03-31 22:02 | フラワーエッセンス

あれこれ

d0010900_21375674.jpg

今日は一日、雨の日でした。
雨が止まないかと外ばかり眺めていましたが、諦めて買い物に。

フラワーエッセンス用のノートがいっぱいになったので、新しいノートを買ってきて、
次のエッセンスを調合しました。

アイオナぺニーワートは終了したように思うのですが、ホリーソーンとアンシャントユーは、まだ続けたいと思うので、この二本と「ウィンターグリーン」の三本で調合。
[PR]
by angelglobe | 2006-12-09 22:14 | フラワーエッセンス

鳥との出会い

d0010900_2023319.jpg『野の花ブログ』で使った写真で恐縮ですが、この鳥は、カワアイサという鳥です。
今年の冬から野鳥の写真を撮り始めて、この川で初めて出会った渡り鳥「カワアイサ」がまた戻ってきました。
冬鳥の季節がまた巡ってきたようです。
なんだかワクワクとうれしいですね^^
この鳥は、川から飛び立つときは、なんと水上を助走してから、ヨイショッと飛び上がります。

d0010900_20233688.jpg

鳥との出会いは、本当に一瞬です。
出会わせてもらったと思う瞬間が度々ありました。
鳥たちは、瞬きする一瞬に飛んでいってしまうのです。
ファインダーの中に入ってくれて、シャッターを押せたこと、
そして殊にピントが合っていてくれた時なんて、まるで奇跡と思ってしまいますよ(笑)

フラワーエッセンスのまとめ
[PR]
by angelglobe | 2006-11-30 20:47 | フラワーエッセンス

聖なる棘

d0010900_11591625.jpg

今日は、雲の多い、どんよりとした肌寒い日。一日ウダウダと過ごそう。

写真は、下の花と同じアキノウナギツカミというタデ科の植物ですが、
トゲが鋭くてウナギでも掴めてしまいそうだからこの名前が付いたということで、
ミゾソバと似ていますが、葉っぱが若干細いです。

トゲといえば、先週初めから使い始めたフラワーエッセンスの中に
『Holy Thorn』(ホーリー・ソーン:セイヨウサンザシ)が含まれています。

ホーリー・ソーンは、直訳すると「聖なる棘」となるでしょうか。

4月のマリオンのワークショップでは、このエッセンスは、「キリストの茨の冠」が象徴しているということだったように記憶しています。

More
[PR]
by angelglobe | 2006-11-23 12:55 | フラワーエッセンス

ギリギリ

d0010900_1001851.jpgずっと無気力な日々を、山野をめぐり歩いて過ごしてきたのですが、もうイカン!ところまで来たような気がして、今夜は6月以来二度目のフラワーエッセンスを調合しました。

4ポイントコーニングを開いて、キネシオで、5本選ばれました。

すると、選んだもののテーマが三つ見えてきます。

①暗闇に光を当てる/②道に立ちふさがるものを乗り越える/③拒絶への恐れ


①Lady’s Mantle & Iona Pennywort
②Sea Holly &  Ancient Yew
Holy Thorn

①②は、この二本ずつから1本に決定

Iona Pennywort(アイオナペニーワート) /Ancient Yew (イチイ) /Holy Thorn(セイヨウサンザシ)
今日から始めます。

最初、コーニングを開き忘れて選んだのですが、思い出して4ポイントコーニングを開いてから選びなおすと、的確にチョイスされたようです。
[PR]
by angelglobe | 2006-11-13 22:11 | フラワーエッセンス

d0010900_19362146.jpgこの花は『ツリフネソウ』です。

生雲への往路は那谷寺の反対側、奥の院側から林道を通って山を登っていきましたが、その道すがら、小川の縁にピンクの群落になって咲いていました。
今年は初めての出会いでしたが、『この辺りはクマが出没します』という看板が立っていたので、車を降りるのが恐くて、中から望遠で撮りました。

帰ってから写真の整理をしていて気付いたのですが、これはフィンドホーンフラワーエッセンスの『バルサム』(の仲間)ではないでしょうか?
『バルサム』は『ホウセンカ』と訳されていますが、ツリフネソウもホウセンカの仲間だそうです。
マリオンは、この花を女性そのものとおっしゃっていました。
  >バルサムのエッセンスは、私たちの魂がこの世の姿として選んだ肉体を、心から受
け入れ、愛するのに力をかしてくれます。そうなったときはじめて、わたしたちは百パーセントこの世界に存在しているのだと感じ、本当の愛の気持ちを表現する事ができるのです。
         『花の贈り物』より<


◆9月10日の朝にもう一度話をもどして、
火祭りの間に立ち込めた霧が雲になり、終わる頃には、大粒の雨が降り出しました。
d0010900_2035614.jpg

この雨の中を帰路につきました。
この『神名火隧道』を通り抜けて、山を降り・・・また、日常に戻るのです。
d0010900_20738.jpg

[PR]
by angelglobe | 2006-09-14 20:01 | 私のふるさと

あざみとあり

d0010900_19491743.jpg


More
[PR]
by angelglobe | 2006-06-28 20:13 | フラワーエッセンス

THISTLE―あざみ

d0010900_1954597.jpg

今日は、アザミに会いたくて、午後から近場の山へドライブ。

市街地から比較的近い山で、ユルユルとクルマを走らせて(迷惑な・・・)、何か咲いていそう!と思ったら止めて、を繰り返し奥の方の公園までたどり着きました。

池にはスイレンの白い花がいっぱい咲いています。
写真を撮りたくても、池の周りは柵が張り巡らされていて、そばまでおりる事が出来ませんが、ギリギリ近くまで行って数枚撮ってみました。今度は望遠レンズで挑戦しよう・・・

この池のスイレンはヒツジグサです。
ヒツジグサ(スイレン科)は未の刻に開くから、そのように呼ぶようになったようです。(不思議の森特集に詳しいドキュメント(?)が載っています)
そういえば着いたのは3時頃、「未の刻」でしたから花が開いていたわけだ・・・

目的はアザミだったけれど、まだ時期が早かったようで、あきらめて引き返すことに。

More
[PR]
by angelglobe | 2006-06-25 20:45 | フラワーエッセンス

さ く ら

d0010900_193592.jpg
こちらの桜もようやく開花宣言し、ポカポカと今日は花見日和の一日でした。
3月末は雪が舞うほど寒い日が続き、昨日は、強風、黄砂の一日、夜来の雨に黄砂も洗い流されて、今日は朝から久々の良いお天気。
さくらも先を見越してじっと我慢していたのでしょうか(笑)

今年は東京でお花見をして、こちらでもう一度お花見ができて、いい年です。


それにしても、さくら、好きだな・・・
d0010900_2045731.jpg
そういえば、フィンドホーンのエッセンスで、さくらのキーノートはcompassion。

『私たちを過去の行動パターンに縛り付けているカルマ的・社会的に受け継がれてきた制限を超越するのを助ける』
『愛に対してハートを開く・自分の本当の血縁関係を尊重する・思いやり』

思い当たる事が、立て続けに起こっていて、少しナーバスになっているところでした。

私がワークショップの初日に引いたエンジェルカードもcompassion・・・
「さくら」のワークは、まだ続きそうです・・・
[PR]
by angelglobe | 2006-04-09 19:40 | フラワーエッセンス

d0010900_21485790.jpg今日は、お釈迦様の誕生日でしたね。

昨日のつづきです。
芝公園の中でも芝東照宮に隣接する所に4本ほどのしだれ桜が美しく咲き始めていました。
そこにちょうど花壇の跡のように四角く石を並べた日当たりのいいところがあったので、マリオンは、そこを、花を浮かべたボールを置く場所に選びました。

みんなが桜の木とのチューニングを始めると、上の電線には鳩が二羽とまり、スズメやシジュウカラが一本のしだれ桜にたくさん集まってきてとまり、てんとう虫がどこからか現れて、ネコまでが覗きに来ました。
d0010900_21335237.jpg
芝公園には芝東照宮や増上寺という徳川家ゆかりの寺社があります。
また、増上寺では『御忌大会(ぎょきだいえ)』という浄土宗の宗祖法然上人の忌日法要の最中でした。

「桜とチューニングを始めてから、周りで起こる事には全て意味があるから注意深くありなさい」とマリオンは言いました。

花と水のボールを太陽に当てている4時間、そしてその後もそれは続きます。

お昼は、それぞれが自由にランチをとったのですが、その時に起こる事にも注意を傾け、後でそれをシェアしあいました。
公園からの帰りは話してはいけませんということで、無言で会場に戻ったら、お釈迦様の誕生を祝う花祭りの飾り付けが出来ていました。
全てが意味のあることなのです。。


ワークショップ終了後に一人一人がそのエッセンスのストックボトルを受け取り、それを使いながら、このしだれ桜を今も感じ続けています。
[PR]
by angelglobe | 2006-04-08 22:28 | フラワーエッセンス