京都と崇徳上皇と

今日は朝のうちは曇っていたのですが、お昼ごろから霧が町中を覆っていました。

ここ数年間、愛読させていただいているミカエルたんたんさん「祟り神とわたし 2012」
を受けて、思い出した話があったので、ここでまとめてみます。

昨年の2月の節分にちなんで小学生高学年対象に「鬼」テーマでブックトークを考えていました。
その前月のたしかお正月のたけしさんの特番で「明治天皇は祟り神を味方につけた」というところを思い出し、繋げてみようと思ったのです。

d0010900_2222523.jpgブックトークのタイトルは「ちょっと大人な鬼しらべ」、日本史の中から「鬼」を調べていきます。特に平安時代末期、鎌倉時代あたりから「鬼」や怨霊、妖怪が物語や歴史書に登場しだし、アジアでは「九尾の狐」(これは子供たちのほうが詳しい^^;)という妖怪が、各国の王の后になり、国を滅ぼしていきます。しかし、それが日本に来ると、玉藻の前となり鳥羽上皇の寵愛を受けて上皇の命を滅ぼしてしまうのですが、残念ながら日本の那須において仕留められ、殺生石になったというお話は有名です。


d0010900_2225637.jpgその時代、鳥羽上皇の第一子第75代天皇 崇徳天皇は、不遇な天皇で、保元の乱の後、罪人として讃岐に流されてしまいます。
それを苦にして、怨霊となり日本という国と天皇に呪いを、それは天皇の力を失墜させる末代までの呪いだったのですが、これについては「雨月物語」の―白峯―に書かれています。
その後、武士の時代、戦やら、天災やら・・戦乱、混沌の時代が幕を開けます。

それで、たけしさんの番組の中の「明治天皇は祟り神を味方につけた」の事なのですが、
怨霊となったと言われた崇徳天皇の御霊を京都に帰して手厚く葬ったのが明治天皇で、現在の京都「白峯神社」の片隅に、ひっそりと祭られています。
というような、ザックリとしたまとめですが、だからどうして怨霊が味方なのかってことで、
う~ん。

  * * *
昨年から用事で、日帰りで京都へ行くことが多くなったのですが、昨年の夏休みに一度、御所の近くのホテルに泊まって京都をブラブラしたことがありました。

何箇所か行きたい所は決めていて、その中に白峯神社も含まれていたのです。
御所からは歩いて行ける距離のはずですが、なかなか到着しない、そこで近くで聞いてみると、全く逆方向へ行っていることがわかり、あきらめてタクシーで下賀茂神社へ行くことにしました。
もともと私は方向音痴なのですが、ひょっとして京都の中心の磁場が・・・なんて(笑)

下賀茂神社は、運よく「みたらし祭 」の最終日で、御手洗川の中を歩いて穢れを祓いました。その後、サンタマリアノベッラでランチして、買い物をして帰りました。

本のお話から旅話になってしまいました。
[PR]
by angelglobe | 2012-03-18 23:07 | ライブラリー

彦根 多賀大社

d0010900_2258523.jpg

先週末、中秋の早朝、目が覚めて山の端を見ると、まん丸なお月さんが沈もうとしていました。
その日は滋賀県彦根、多賀大社へ行こうと決めていた日で、
初めて高速を長距離、とばして行って来ました。

帰りは若狭湾に沈む夕陽を眺め、夕暮れの高速ではポッカリお月さんにまた会えました。
d0010900_23275161.jpg

d0010900_11555956.jpg

[PR]
by angelglobe | 2009-10-09 23:03

懐かしい町

d0010900_2123329.jpg
そろそろ、自分の身体のメンテナンスをしよう!と学生時代にお世話になった町にある漢方クリニックまで行ってきました。
中医学のクリニックをずっと探していて、ネット上でたまたま見つけた所が、
学生の頃住んでいた町にあったのです。
これも何かのご縁と、2日の土曜日に日帰りで行ってきました。

震災を超えてから初めて訪れたのですが、
この町は、相変わらず優しかったです。

お世話になった児童書のお店や、コーヒーの美味しいお店、おそば屋さん・・・
そのまんまで、それなりの時間の経過を感じるだけね^^

写真のパン屋さんですが、
当時は二代目さんが焼いていたパンを、現在は三代目さんが焼いていて、なんだか感慨深いものがありました。

自分の身体を思いやり、優しかった時代、優しかった町に再び戻り、何かを取り戻すかのような束の間の旅でした。
[PR]
by angelglobe | 2008-08-05 22:34

五芒星 と御所 その二

d0010900_20252281.jpg






d0010900_2145481.jpg

京都御所の正門、建礼門です。

この向こうに御所、北山があって、その更に向こうに鞍馬山、貴船神社があります。
そして御所を中心に、鬼門である丑寅の方角に御所を守護するために比叡山延暦寺がある。
延暦寺と貴船神社とを結んだラインが伊勢―元伊勢を結ぶラインと平行している。
伊勢―元伊勢ラインは、夏至の日の太陽の道筋で、とても重要なラインなのだそうです。

これが壮大な結界、五芒星の一辺になる、伊勢―元伊勢。

そして、息吹山―淡路島の伊弉諾(イザナギ)神社を結ぶラインがもう一辺。
ちょうど、この交点に京都御所があります。

もう一度、建礼門に戻って、この門の向いている方角をずっと南へ伸ばすと平城京、飛鳥、そして、熊野本宮にたどり着きます。

熊野本宮が残りの一つのポイント。

以上の五つのポイントが平城京を中心に五芒星を描く・・・これは面白いです^^
(以上はレイラインハンティングを参考にしています)
d0010900_743207.jpg
陰陽師‐安部清明神社

当日は、「へえ~五芒星がマークなんだ!」程度の感想だったのですが、帰ってからここまで五芒星が引っ張ってくれるとは、夢にも思っていませんでした(笑)

駆け足過ぎるほどの慌しい旅でしたけれど、現実面にも精神面にも(?)学びの旅だったようですね。
ヤレヤレ、人生って面白いですね^^

[PR]
by angelglobe | 2006-12-06 21:47

ガラスの気泡

お店の方に窓の外からなら撮って良いですよと許可を頂いたので、好きな気泡の入ったガラスの『灯り』を写真だけ頂いてきました。ウィンドウショッピング・・言葉、古いですか?
d0010900_22371332.jpg
d0010900_22373519.jpg
d0010900_22375288.jpg

[PR]
by angelglobe | 2006-12-05 22:44

五芒星と御所

d0010900_20542669.jpg今回の京都は仕事関係の自主的な研修だったのですが、朝5:40の電車にギリギリセーフで乗り込んで、夜6:40の電車にもギリギリセーフで乗るという駆け足の、今や筋肉痛の旅でした。

今日の帰宅途中、面白い事に気がついて、大喜び、一人大爆笑したのですが、
キーワードが『5』の旅!(笑)

当日はイノダに行けたらそれで良しとしよう。あとは御所のお庭を散歩でもしようかな。ぐらいに思っていたのです。
ランチした和食屋さんで聞くと「陰陽師-安部清明神社」がすぐ近くだということだったので、話しの種にと行ってみる。
安部清明神社は御所の西の方角に位置し、マークは五芒星。
へ~っ!と、ただ単に感心しただけだったのですが、、、

『五芒星』と『御所』(これも"ご"つながりかな?)・・・で、本日思い出したのは、レイラインハンティングに書かれてあった結界の事でした。

京都御所を守るために、御所を中心に、五つの場所を結ぶと五芒星になって結界を作っている。

その五つの点の場所を忘れたので、もう一度レイラインハンティングを見たのですが、その記事が消えていたのです・・残念。。

ただブラブラ歩いた烏丸通りを北にまっすぐ伸ばすと鞍馬、貴船神社。
南の延長線上には奈良西大寺、平城京、橿原神宮、玉置神社など・・・

これはレイライン。
いわゆるエネルギーライン上を考えもなく、ただブラブラと歩いて来てしまった私だったのでした^^;
[PR]
by angelglobe | 2006-12-04 21:44

烏丸通りを三条まで

d0010900_2025774.jpg
d0010900_2023494.jpg

d0010900_20274011.jpg
御所の御苑内を通って、烏丸通りをブラブラ眺めながら歩いて三条通りまで来た頃には日も暮れていました。
小腹もすいてきたので、「トラットリア あるとれたんと」に入ってみました。
朝、イノダ本店へ行く通り道にあったお店で、古い酒屋さんをトラットリアにしているようです。
上の写真は朝のもの、下のは夜の店内から通りを眺めたところです。
御簾の中がカウンターになっていて、軽くピザとビールを注文。

そして食後には、やっぱり近所ですもの、イノダで熱いミルクティーでしょ!
あったかくて、コクがあって美味い!
すっかり飲み干して、地下鉄で京都駅まで。
そして、帰った。という駆け足の京都でした。

イノダで始まった旅はイノダで締めくくる!ですね^^
[PR]
by angelglobe | 2006-12-04 20:41

聖アグネス教会

d0010900_19514663.jpg飽くなき探究心からなのか、ただ欲張りなだけなのか・・・講義とワークショップの間のお昼休み1時間、お昼は和定食をしっかりといただき、わずか35分の時間で、目と鼻の先にある安部清明神社へ。思ったより小ぢんまりとした神社でした。

ワークショップ終了3時過ぎ、ん~これから3時間ほどをどう過ごそうか・・と思いながら、テクテクと烏丸通りを御所に沿って歩いていると『聖アグネス教会』の建物が。
もう夕暮れ近くでしたが、大きな白山茶花の木の花が満開で、
教会の周りは良い香りに包まれていました。

d0010900_2043039.jpg


d0010900_2050989.jpg
d0010900_20483496.jpg
  
[PR]
by angelglobe | 2006-12-03 20:44

イノダコーヒ本店

d0010900_1730310.jpg昨日は日帰りで京都に行ってきました。
仕事の勉強(自主研修)だったのですが、貪欲な私は、空き時間をフルに使って京都を楽しんできました。

まずは、以前から夢見ていた『イノダ本店』で朝ごはん!

何十年ぶりでしょうか。
朝8:30だというのに行列。
昔は普通の喫茶店だったのですが、今はレトロな雰囲気で人気なのかもしれませんね。(なんか私、大正時代に行った事があるみたいですか?と言っても昭和15年頃に出来たお店だったと思います。って、昭和15年頃に行ったわけでもないですよ^^;)
ここのコーヒーは最初から、ミルクとお砂糖が入ってきます。
カップはもちろん、スプーン、コップ、お手拭きに至るまでイノダのマークが付いていて、昔のまんま。いいなぁ。。好きです。
d0010900_17313284.jpgd0010900_17341234.jpg
d0010900_1732193.jpgd0010900_17323089.jpg

[PR]
by angelglobe | 2006-12-03 17:49

d0010900_19362146.jpgこの花は『ツリフネソウ』です。

生雲への往路は那谷寺の反対側、奥の院側から林道を通って山を登っていきましたが、その道すがら、小川の縁にピンクの群落になって咲いていました。
今年は初めての出会いでしたが、『この辺りはクマが出没します』という看板が立っていたので、車を降りるのが恐くて、中から望遠で撮りました。

帰ってから写真の整理をしていて気付いたのですが、これはフィンドホーンフラワーエッセンスの『バルサム』(の仲間)ではないでしょうか?
『バルサム』は『ホウセンカ』と訳されていますが、ツリフネソウもホウセンカの仲間だそうです。
マリオンは、この花を女性そのものとおっしゃっていました。
  >バルサムのエッセンスは、私たちの魂がこの世の姿として選んだ肉体を、心から受
け入れ、愛するのに力をかしてくれます。そうなったときはじめて、わたしたちは百パーセントこの世界に存在しているのだと感じ、本当の愛の気持ちを表現する事ができるのです。
         『花の贈り物』より<


◆9月10日の朝にもう一度話をもどして、
火祭りの間に立ち込めた霧が雲になり、終わる頃には、大粒の雨が降り出しました。
d0010900_2035614.jpg

この雨の中を帰路につきました。
この『神名火隧道』を通り抜けて、山を降り・・・また、日常に戻るのです。
d0010900_20738.jpg

[PR]
by angelglobe | 2006-09-14 20:01 | 私のふるさと