キューバの力

今夜は満月ですね。
雪の後の星空で、オリオン座と並んで、きっぱりとした月が煌々と光っています。


以前、調べ学習のサポートをしていたとき、世界の教育事情を調べる手伝いをしていて、意外に思うことがありました。

高学歴の上位国がチリだったのです(高学歴がいいってことじゃないよ)。
調べてみると、チリは国が破綻した頃で、国を立て直す人材を育てる意味もあって、大切な子供の教育費を無料にしている事がわかりました。

その後、世界の農業を調べていてキューバという国に目が釘付けになったのです。
キューバが経済危機にあった頃、農業は化学肥料や農薬を輸入することも出来なかったため、苦肉の策で、自国で賄える有機無農薬農業に切り替えたところ、それが、なんと近隣諸国でも評判になり、輸出するまでになったそうなのです。

その他、医療費はタダ、教育費も幼稚園から大学までタダ。ピザテストでフィンランドが世界の教育のお手本だったのですが、今やキューバは、それに肩を並べるほどになっているとか・・・・

教育は、金銭の介在なく、全ての学びたい子供たちに平等に与えられるべきでしょう。そして、それがいずれ国を幸せにする若者を育てていくことになる。(もちろんお金のためではなくね^^)

吉田太郎さんのリポートの本です

国が破綻するまで人間は気付かない。
そして、破綻後、大切なものが何かに気付いた国だけが、立ち直れるのかな・・・

農業・教育・医療、これが大きな柱、これをどうするか、どう変えていくかで、これからの国の存続が決まるのではないだろうか・・・そんなことを考えていました。

これは、他人事ではない。
我々の視点、意識、行動によって達成していくことなのだと思います。
by angelglobe | 2012-01-08 21:28 | ライブラリー