ちょいと独り言

タチツボスミレ
d0010900_20334823.jpg今日は、晴れたり曇ったりの一日。少し肌寒かった。
山肌に山桜花が点在しているのがわかって、今度そばまで行ってみたいと思う。

自分の中の見たくないもの、ふたをかぶせてきたものがゾロゾロ出て来た。

先日、姉にまた指摘されてしまった。これは子どもの時からの決まり言葉だったが、
『その被害者意識を捨てなさい!』と。
そして、よ~くわかっていて、どうすることもしたくない事を、また指摘された私は、パタンと心の扉を閉めてしまう・・・

いつまでも子どもみたいで恥ずかしいけれど、この原因を探せばきりがないし、まして前世のせいにもしたくない。
かわいそうに、よしよしも違う・・・

被害者意識と言うからには、加害者がいるわけで、加害者っていったい誰なんだろう・・・
これが自分だったりする、と考えることもできる。

被害者になるために加害者にもなる・・・つまり、原因と結果を作っているのは自分。

このアップダウンの激しいときに、なるべく迷惑をかけないように閉じこもっていても、家族とは関わらなければならないのだから、家族こそ気を使って付き合わなければならない関係なのかもしれない。
(これは、桜のエッセンスの定義でもあったような気がする。。『分離感が溶け去る』『血縁関係を尊重する』)
[PR]
by angelglobe | 2006-04-17 21:26