Winter Green

d0010900_2184328.jpg

ウィンターグリーンは、日本名は『イチヤクソウ』
『一薬草』と書いて、名前の通り全草が薬草として使える山野草です。

初夏に小さな花を咲かせるのですが、フィンドホーンフラワーエッセンスのウィンターグリーンは『イチゲイチヤクソウ』のエッセンスだそうで、これは北海道のほんの一部の地域でしか咲かない、日本では絶滅危惧種の花です。
イチヤクソウは一本の茎に数個の花が付くのですが、『イチゲイチヤクソウ(イチゲ ‐ 一花(一華)』は、名前の通り一つだけ花が付きます。

カナディアンロッキーのサイトなどには、トレイルに普通に咲いているとありました。

葉っぱは常緑。冬でも緑の葉っぱだから、この名前が付いたのかもしれませんね。







4月にレベル1、2を続けて受けて、あとケーススタディーを3件経験し、レポートを提出しなければプラクティショナーと認定されません。
今は、まず自分が経験したいとマイペースで進めています。

感情という捉えどころのないものに働きかけるので、「絶対こうだ」と断定できないこと。
けれど明らかに変化があるし、
(即変化が現れることや、なかなかわからない部分もあったりもします。)

感情に働きかけるということですが、これは感情だけではなく、肉体的な変化もあるし、
また、状況にも劇的な変化があることは否定できないことだと思います。

大切なことは、使い始めたら、自分が自分の変化に責任を持つことのような気がします。
滞っていた感情が湧き出すこともあります。
それを抑えない。
必ず解決することを信頼できるかということ。
そして、解決する意志を持つということ。

自分の感情に責任を持つことで状況が変化し、身体も変化することはあることだと思います。
[PR]
by angelglobe | 2006-12-13 22:04 | フラワーエッセンス