3人のイルカたち

昨夜、大天使カードで大天使メタトロン「インディゴ&クリスタルチルドレン」が出た。

オーラソーマセッションは休止状態だけれど、子供たちと向き合うとき、タイミングが合えばオーラソーマボトルを選んでもらうことがある。
今では子供たちとのセッションの方が回数を上回ったかもしれない。
本の写真でボトルを選んでもらうのだけれど、お互いに楽しい経験を積み重ねてきたと思う。

詳細に触れることは避けたいが、今日は三人のイルカの事を書いてみたいと思う。
イルカというのは誕生数がどの子も「33」で、オーラソーマではドルフィンの番号なのだけれど、
それぞれが生き難さを感じている。

陸に上がったイルカが生き難さを感じるのはよくわかるし、ことにAさんは呼吸に困難を感じている。
Aさんには、「お水に親しんでね。良いお水をたくさん飲んだり、泳いだり、ゆっくりお風呂に入ったりしてね」と話して、
二回目に会ったときにユニコーンカードを選ぶと、なんと「water―水」が出て、同じ事をユニコーンも言ってくれている。そして、大天使メタトロンのボトルも選んでいるから、きっと年齢的には、インディゴとクリスタルの性質を持っているのかもしれないと感じた。

数年前に同じように同年代の子と関われなくなって、がっぷり四つに向き合った子が卒業後、心理学を学ぶために大学進学を決め、合格したと今年の年賀状に書いてくれていたのを思い出した。
嬉しい便りだった。

3人のイルカのことと書いたが、自分の中で制限が出来てしまって・・・まずは一人だけでしたね^^
子供たちが生き難いように、私も同じく生き難い社会であることだけれど・・・(笑)
[PR]
by angelglobe | 2007-01-24 22:57 | オーラソーマ