地球が見せてくれる夜明け

d0010900_1619572.jpg
時々、呼ばれたような気がして目が覚めることがあります。
21日は、夜明け前、4時ですから。。。
もう一度眠るんだ!と目を閉じるのですが、そんな日には、目がどんどん冴えてくるのです。
窓の外には満月を過ぎた月が、ぽっかりと浮いています。
そう、日の出を拝するのも久しぶりだなぁと、ゆるゆると起き出して、カメラを持って日の出スポットまで行ってみることに。

夜明け前の静けさは、日の出というショーが始まる前の息をひそめた緊張感に似て、
風も鳥達も木々も、そのざわめきを止めて静止しているみたいです。

当たり前に毎日繰り返す夜明けだけれど
「陽が昇る」・・のではなく、
地球が私をその背に乗せて見せてくれている事をふと思い出しました。

空を仰いでいる時も、歩いている時も、、いつも私は地球の上にいる事、
地球の鼓動を聞きながらここにいる事を思い出しました。

朝の陽の光を映した雲が様々な形に見え、
そこが虹色に彩られて、大きな彩雲を見せてくれました。

しみじみと、しみじみと有り難かった。
自分の力で出来る事なんて、この手を伸ばしたところまで、、
まかせること、ゆだねること、、、
地球のふところで
宇宙の流れにゆだねる
d0010900_16202256.jpg

[PR]
by angelglobe | 2008-07-23 16:24 | 宇宙のこと、地球のこと